大山研修を終えて

1年生49人は7月20日~22日の2泊3日で大山青年の家で宿泊研修を行った。

学生は、研修の目的を「チームワーク・リーダーシップ・メンバーシップの仕組みを理解し、実践すること」としました。学生は、チームで活動する医療・看護の実践を目指し、次のような、研修での期待する学びを明らかチームの機能がうまく働くようにチームのにして研修に臨みました。

メンバー一人一人が力を発揮すること。足りない力を互いに補い合うことでリーダーシップ・メンバーシップの大切さを理解することができる。チームの中で支え合うことで、各々の役割を認識し、全うすることそして、部屋割り、活動班を決め、そのグループでのができる。

チームワーク造りを目指しました。プログラムは次のとおり。

7月20日(水) 7月21日(木) 7月22日(金)
6:00 起床 起床
9:00 イニシアティブ 追跡ハイク おやつつくり
12:00 昼食 昼食 昼食
13:00 ウッドクラフト インディアカ カヌー
17:00 野外炊飯(カレー) 野外炊飯 退所式 奉仕活動
18:30 班活動 肝試し
22:00 就寝 就寝

雄大な大山の自然の中での活動を通して、学生は仲間のすばらしさ、一人一人の個性の豊かさ大切さを実感しました。仲間であること、クラスの人の温かさ大切さを実感した研修会となりました。それでも尚、後かたづけやちょっとした声かけ、全体を見回して気づいていくことができないことに気づき、今後の課題となりました。1年生は人なつこくなって帰ってきました。アイコンタクトなどコミュニケーションの大切さを実感し、看護学生としての自己のウッドクラフ役割を明確にしていきました。

オープンスクールを終えて

2年生

image平成28年7月9日にオープンスクールを開催しました。

本年度のオープンスクールのテーマは「看護の“芽”を育てよう」でした。ここでの“芽”は参加者の皆さんの中にすでにある、人を思いやる気持ちなどを指し、看護を行う上でもとても大切なものであり、「○○さんのために何かしたい」という他者に対する思いやりが、「どうしたらもっと○○さんが過ごしやすくなるのだろう」、「どうしたら○○さんが元気になるだろう」という思いにつながると考え、このテーマに決定しました。また、私たち学生が学んでいる講義や看護技術を体験していただくことで、参加者の持っている思いやりの気持ちと、私たち看護学生が学校で学ぶ看護の知識や技術がどのように繋がっているのかということを知っていただけるように工夫しました。

今年は、116名ととても多くの方に参加していただきました。講義や演習などの9つのブースの体験を通して、参加者の皆さんからは「さまざまな看護体験ができてよかった」「知りたいことを学生がわかりやすく教えてくれてわかりやすかった」「とてもいい学校だと感じた」「パンフレットでは知れないことも知れてよかった」という言葉をいただき、看護学校の学習内容や学校の雰囲気なども知っていただいたり、感じていただいたりすることができたのではないかと思います。私たち学生は参加者の皆さんに楽しんでいただき、看護に興味を持ってもらうことを目標として頑張ってきたので、このような言葉をいただくことができ嬉しく思います。

各学年、実習などに取り組みながらも、各ブースで連携を取りながら準備や練習をしていくことで、より良いものにしていくことができたのではないかと思います。実行委員と各ブースリーダーが中心となり、学生一人一人が協力していくことで、オープンスクールの成功につながったと思います。

今回、副実行委員長としてオープンスクールを運営することで、教科外活動を通してでしか学べないことがあることを改めて感じました。全学年が一つのことに向かう中で、協力をすることでリーダーシップや、メンバーシップなどの力を身つけること、連絡、報告をとり連携をとることの大切さを学ぶなど、貴重な経験を得ることができました。この経験を今後の学校生活に活かせるようにしていきたいと思います。

《車椅子ブース》
《車椅子ブース》
《講義ブース》
《講義ブース》
《フィジカルアセスメントブース》
《フィジカルアセスメントブース》
《血圧測定ブース》
《血圧測定ブース》
《応急処置ブース》
《応急処置ブース》
《赤ちゃんのお世話ブース》
《赤ちゃんのお世話ブース》
《衛生学的手洗いブース》
《衛生学的手洗いブース》
《妊婦体験ブース》
《妊婦体験ブース》
《シーツ交換ブース》
《シーツ交換ブース》
《閉会式》
《閉会式》

七夕会を終えて

1年生

今年の七夕会は、「入院患者さんに季節感を感じてもらい、楽しいひとときを過ごしていただく」というテーマで7月4日に行いました。会場の飾りつけや、笹や輪飾りなど、七夕会らしいものや、見て楽しい気持ちになれるものを多く取り入れ、患者さんに季節感を感じていただけるように工夫しました。

2階外来ホールでは、ミュージカル風の七夕劇を行いました。七夕劇の際には、浴衣を着ることで、季節感を患者さんに感じてもらえたと思います。そして、劇の合間で、私達学生が手作りしたカスタネットでリズムにのりながら、「キラキラ星」と「たなばたさま」をみんなで一緒に歌いました。また、今年も看護部の方々にご協力いただき演奏をして頂きました。選曲には懐かしい音楽もあり、患者さんはとても喜んでれました。

この様子を見ていた先生方からも「患者さんよろこんでおられたよ!」と言ってもらえたり、患者さんが笑顔で一緒に歌ってくださっている様子を見てとても嬉しく感じました。 この後、学生が配った短冊に願い事を書いてもらいました。その笹は学生の代表が神社に持って行き、天に願いが届くよう“おたきあげ”をしていただくようにお願いしました。

8階の緩和ケア病棟では、ハンドベルで「たなばたさま」と「キラキラ星」を、バイオリンとピアノの演奏では、平原綾香さんの「JUPITER」と「君を信じて」を、合唱では、朝の連続テレビ小説ドラマで使われた「見上げてごらん夜の星を」と「野に咲く花のように」を歌いました。配置に戸惑うことがありましたが、患者さんやそのご家族が一緒に歌ってくださり、全員で楽しむことができました。今までで一番良い演奏ができたと思います。
また、誕生日の患者さんの病室にも行かせていただき、誕生日を一緒にお祝いしました。

 準備段階では、初めての実習とも重なり大変でしたが、患者さんの笑顔や言葉から楽しんでいただいたということがわかり、とても良い会になりました。来年も、患者さんに一緒に楽しんでいただけるような会を企画していきたいと思います。