学校長挨拶

学校長 長谷川純一

素敵な夢を叶えるお手伝いをします

 当校では、3年間で社会人としての教養を養う科目や、看護の基礎および専門科目に関し、エキスパートによる講義はもちろん、病院や地域での実習、他の病院での研修、課外での活動など、たくさんのカリキュラムを履修することになります。その間、同級生はもとより先輩や後輩、担任や実習指導教員、さらに看護師、医師、あるいは地域社会の人々と様々な場面で関わり、看護師となるための知識・技能、態度を学んで行けるよう配慮されています。そしてこのような関わりの中で貴重な青春のひとときを過ごす学園生活を、倫理観や社会規範を身につけ、素晴らしい人間形成の場としても価値あるものにしていただきたいと思います。
 本校の教育理念のもと、深い人間愛に裏打ちされた心優しい看護師となって社会に貢献できる、素晴らしい可能性を秘めた皆さんの入学を待っています。

国立病院機構 米子医療センター附属看護学校
学校長 長谷川純一