学校長挨拶

 

素晴らしい感動体験とともに、大きく成長する3年間

当校の3年間の看護専門教育では、科目の講義はもちろん、病院や、地域での実習や、他の機構病院での政策医療研修、さらには課外・校外での活動など、たくさんのカリキュラムを履修していくことに なります。その課程で、教員、実習指導者、看護師、医師、先輩や後輩、あるいは地域社会の人々などと関わり、いろいろな方々との出会いの中から、看護の技術だけでなく、人としての道も学び取って、自己の人間形成に努めていただきたいと願っています。病める人に限らず、ひとを思いやる心を養うことは、医療技術や知識を修得すると共に大切だということを念頭に置いて、学校での日々を精進していただきたいと思います。

自分の目標をしっかり持って、社会に貢献したいと思っている皆さんの入学を期待しています。

国立病院機構 米子医療センター附属看護学校

学校長 濵副 隆一